トレード報告

1/28 許容すべきリスク

さて、本日の仮想通貨全体および、アルトコイン時価総額推移はこちら

コインチェックの騒動も落ち着き、ここから上昇トレンドに転じて欲しいと願っています。

 

今回のコインチェックの騒動は下記のように落ち着きました。

素晴らしい対応でしたね。みなさん今回の騒動はうまく立ち回れましたでしょうか?

 

過去のトレードを振り返ると、自分はこのような総悲観のタイミングに仕込むことで大きく利益をあげてきました。

 

ただし、今回はなぜかビビってしまいかなり下で(6500satoshi)指値を入れ、結果かからずという結果に終わりました。

 

ここで今回の内容を時系列で追って見ようと思います。

 

まず$XEMのハッキング記事が出て、$XEMは大きく下げました。17%ほどの下落です。

そしてその後、CCの記者会見がありましたが、ここでは今後の対応に関する発表はありませんでした。

 

冷静になって考えるとこの段階で想定できる選択肢は二つしかなく、CC側は

①$XEMの補償を行う(一部補償もあり得る)

②CCが倒産する

 

この2つのみです。

 

またこの下げ相場は、CCの$XEMがハッキングされたやばい

 

という事実だけが先行して下げているだけで、$XEMのファンダメンタルズに何か悪材料がでた訳ではありません。

 

リスクとリターンを冷静に考えると

①の場合、今の価格が底で今後$XEMは大きく飛躍する。

②の場合、$XEMに鍵らずCC銘柄は全て下げる、ただしCMCの推移からも価格が半分以下になることは考えにくい。

 

ということで、いずれの未来に進むとしても、自分としては今回の下げは取るべきリスク、許容できるリスクでした。

 

しかし、今回は積極的にリスクを許容できず、仕込むことはできませんでした。

 

ビジネスも投資もそうですが、リスクを許容するからこそ、リターンの最大化を見込むことができます。

 

リスクなくして、リターンを得ることはできません。今自分達が戦っている仮想通貨の市場は特にそういった世界です。

 

そして、現在$XEMのチャートはこのように推移しています。

 

結果は1の選択肢を進み、$XEMは大きく反発しました。

 

自分としては非常に悔やまれますが、今後このような悲観的なイベントが発生した場合

・事実関係を整理し、想定できる未来を描く

・リスクとリターンを検討し、許容できるリスクは積極的に取る

 

この2点をしっかりと検討し、仕込んでいこうと思います。

 

ただ自分は仮想通貨の未来を信じている人間なので、総悲観=買いと盲目的に判断してもいいのかなとも思っていたりします笑

 

いずれにせよ、ここからさらに市場が拡大することを期待したいですね。

ピックアップ記事

  1. 2/27 バイナンス第6回投票をまとめておきます。
  2. 保護中: 2018/11/15 クリプト長者グループ募集開始!
  3. 12/7 普段利用している取引所

関連記事

  1. トレード報告

    4/15 エグゼコインプレプレセール即日完売&利確報告

    本日の暗号通貨時価総額、およびアルトコイン時価総額推移はこちら…

  2. トレード報告

    12/22 下落こそ買い増しのチャンス

    現在の時価総額推移です。1日のデータですが、暗号通貨全体及びアルトコイ…

  3. トレード報告

    12/18 $EMC2、大相場第2弾なるか。

    本日の暗号通貨及びアルトコイン時価総額推移です。…

  4. トレード報告

    4/23 新規仕込み銘柄として$CURE、CURECOINを仕込みました

    控えめにいってアルト相場がきていますね。特にシンプルなアルト買いよりも…

  5. トレード報告

    11/23 利確報告

    WAVES、IOP共に利確しました。&nb…

  6. トレード報告

    1/29 新規銘柄に仕込みました。

    本日の仮想通貨全体およびアルトコイン時価総額推移はこちら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. トレード報告

    2/16 ここ2日はアービトラージ祭りでしたね
  2. 未分類

    9/2 グループ参加者の声
  3. コラム

    2018/05/21 パトロン、スピンドルの上場から学ぶべき教訓
  4. トレード報告

    11/21 USDTのハッキングで資金が抜けていますね
  5. トレード報告

    1/17 久々の大暴落です。
PAGE TOP